ギャッベは、夏でも敷いておけるのか?

ギャッベは、パイル(毛足)が長く厚みのあるのが特徴です。
その厚みによって、踏み心地や寝転んだ時の心地よさがあります。
ただ一方で、厚みがあるから冬はいいかもしれないけど、
暑い夏は使いづらいのでは?と思われる方がいらっしゃいます。

では、夏はどうかというと

ひんやりしていてサラっとしています!

そのため、一年中敷きっぱなしでも大丈夫です。
冬場は厚手のカーペット、夏場はゴザみたいに
敷きかえる必要が無いのは嬉しいですよね。

なぜ、夏でも快適なのか?

夏もさらっと気持ち良い秘密は、ギャッベの素材にあります。
ギャッベは、100%羊の毛(ウール)で作られています。

ウールは、調湿作用や通気性に優れているため、
夏でも耐熱を吸収してくれてヒンヤリ
湿気も調整しているからサラッ
としているんですね。

また、油分を含んでいるので
そのまま寝転んでも、
汗のような汚れつきにくいのが特徴です。

芸術性が高くアートとしての価値の高いギャッベですが
機能性もとても高いのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP