こんなに簡単! ギャッベのお手入れ方法

ウール(羊毛)100%を贅沢に使用し
フカフカに仕上げるギャッベ。

さぞかし、ホコリやゴミが毛に絡まって大変だろうと思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際はゴミや汚れの掃除がとてもしやすい構造になっています。

ギャッベは手織りによって丁寧に作られるため
織り目がとても細かく
ゴミが内部に入りにくく表面にとどまります。

また、素材であるウールに含まれる油分は、水分や汚れが弾く作用があります。
この2つの特徴から、ゴミや汚れを表面で防ぐことができます。

そのため、
普段のお手入れは両面に掃除機をかけるだけで十分
お手入れはとても簡単です。

とはいえ、、、
夏場の汗や足裏の皮脂汚れ、
何かこぼしてしまった時の対処方法も気になると思いますので
以下にご紹介しますね。

汗などの汚れが気になる場合

皮脂や夏場の汗などの汚れが気になった時は
水拭きをしましょう。
水を絞ったタオルで、毛並みに沿って優しく拭いてあげるだけで
汚れを落とすことができます

コーヒーなどをこぼしてしまった場合

コーヒーなどをこぼしてしまった場合は、
すぐに乾いたタオルなどで、水分を吸い取ります。
その後、毛並みにそって強くこすらないように
丁寧に水拭きしてください。

全体を洗いたい場合は

薄めた中性洗剤やウール専用の洗剤を使います。アルカリ性洗剤は毛を傷めるので使用しないようにしましょう。

洗剤を染み込ませたタオルを絞り表面全体を毛並みにそって撫でるように拭いていきます。その後、別の水を絞ったタオルで水拭きした後乾かします。

シミになってしまったなど強い汚れ場合

シミになってしまったり、全体をしっかり洗いたいときには、クリーニング業者に依頼をします。その際には、ウールであることをお伝えください。

カグラスにご相談いただければ、安心できるクリーニング業者への依頼を代行いたします。

デザインや使い心地だけではなく
汚れにくく、掃除がしやすいのがギャッベの魅力1つと言えますね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP