自分にぴったりの枕でも寝心地が改善しない理由とは?

●寝付きが悪い、
●目覚めがスッキリしない
●起きると疲れが取れていない

と、いったお悩みで
当店に枕を探しにこられる方が
いらっしゃいます。

寝心地を改善するために
ベッドやマットレスを変えるのは
費用もかかるので
まずは、手頃な枕から!

と思うのは当然だと思います。

しかし、ここにちょっとした
落とし穴があります。

枕を変えてみたけど
寝心地が改善されない方や

これから自分にあった枕を選ぼうと
考えているのであれば、

今回お伝えすることを
念頭にいれてもらえると
寝具選びの失敗リスクを減らす
ことができますよ。

では何を考えればよいかというと

ずばり、
枕単品で考えるのではなく
枕とマットレス(または敷布団)の
組み合わせで考えてみてください。

その理由は、
お店で実際に寝心地を気に入った
枕だったとしても

お店と家のマットレスの硬さが異なれば、
身体の沈み込み方も違うからです。

例えば、
お店より柔らかいマットレスであれば
体が沈んでしまい、喉を圧迫してしまう
姿勢になってしまうかもしれません

逆にお店より硬いマットレスであれば
お店の時より体が持ち上がり
首や肩に変な圧力がかかった体勢に
なってしまうかもしれません。

つまり、枕を新しく変えたい
と思ったなら、合わせて
マットレスも一緒に変えて
もらうことをオススメします。

せっかく良い枕を買ったとしても
無駄になってしまうようなことに
なりかねません。

選ぶ際には
枕とマットレスの相性を
気にかけてみてください。

P.S.
カグラスでは、様々な高さやサイズの
枕を体験できます。

寝心地を改善したいということであれば
一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP