テーブルの脚は4本脚、2本脚どっちが良いの?

テーブルには4本脚と2本脚があります。既製品では選べませんが、当店のような注文後製作するテーブルの場合は選ぶことができます。

そこで、今回はそれぞれの特徴を簡単に紹介します。
あなたの暮らしならどちらが合っているか、参考にしてみてくださいね。

4本脚のテーブル

1.安定している

隅にそれぞれ脚があるため安定しています。小さなお子様が端で立ってしまったり、立ち上がる時に手をついた時に浮きづらく安心感があります。

2、短い辺にも座れる

短い辺にも椅子を置いて座れるので、友人やご親戚などの来客が合った時にも椅子を置くことができます。そのため、来客が多いのであればオススメです。

2本脚のテーブル

1.出入りがしやすい

脚が隅に無いので、椅子をしっかり引き出さなくても座ることができます。ベンチを置くのであれば2本脚テーブルがオススメです。

2.省スペース

椅子を引き出さなくても座れるためコンパクトなスペースに置いても不便なく使えます。

以上、大きな違いをご紹介しました。デザインの好みや使い勝手は現物を見ていただくことが一番です。お店には様々な4本脚、2本脚のテーブルを展示していますので、体験してみてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP